現在進行中の事件などに関しては、本家およびはてなブックマークをご参照ください。

2009年05月02日

【写真】15点目、the Quinn Children@1998年

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




15-200.jpg

http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=54
【キャプションのコピペ】
The Funeral of the Quinn Children Ballymoney. Picture by Alan McMullan

バリーマネーのthe Quinn Childrenというだけで北アイルランドでは何のことか通じる、ということがこのキャプションでわかります。1998年7月12日、ロイヤリストの放火で幼い兄弟3人が焼死した事件のことです。
http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/july/12/newsid_2500000/2500503.stm

犠牲者のクインさん一家は、プロテスタントが圧倒的な地域に暮らしていたカトリックですが、子供たちはプロテスタントの学校に通い、写真の男性(子供たちのお母さんのボーイフレンド)はプロテスタントです。

それ以上の言葉はいらないと思います。この写真の前では。
posted by nofrills at 08:50 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】16点目、オマー@1998年8月15日

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




16-200.jpg

http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=55
【キャプションのコピペ】
August 1998 A river of blood runs across the road as security forces and emergency services recover bodies from the scene of the Omagh Bomb. The 'Real IRA' carried out the no-warning attack on shoppers in the crowded County Tyrone market town killing 30 people (including unborn 8 month term twins). Picture by Photopress

オマーについては、本館の他のエントリで。(こちらのブログにも書いた記憶はありますが。)

posted by nofrills at 09:00 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】17点目、ロイヤリストのスト@1974年

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




17-200.jpg

歓喜に沸く群集の中で、女の人がピースサインをしています……というだけだとナショナリストの何かとか公民権デモと短絡してしまいそうですが、これはユニオニストのコミュニティの写真。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=56
【キャプションの概要】
北アイルランド全域でロイヤリストのストと封鎖が行なわれ、パワー・シェアリングの行政府がつぶれたことを通りに出て祝う東ベルファストの人々。撮影者:Justin Kernoghan

詳細は下記参照。1974年です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Ulster_Workers_Council_Strike
http://cain.ulst.ac.uk/events/uwc/chr.htm

この写真では通りにいるのは小学生から中学生くらいの年齢の人たちと高齢の女性が主で、後方にユニオニストの楽団、その後方というか道路の端のほうに若い男性が何人か。小学生や中学生が「パワー・シェアリングの行政がつぶれた」ことの意味がしっかりわかっているとは思えません。そういうことがわかっていそうな年齢の男性はここにはいません。たぶんここではなく別のところにいるのでしょうが、「テロリストに政治参加はさせない」ということが染み付いていたのでしょう。映画『ミキボーと僕』にも少しそういうのは出てきましたが。
posted by nofrills at 09:10 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】18点目、少年たち。

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




18-200.jpg

これはもう何も言わずに写真を見ていただきたい。撮影者はJustin Kernoghan。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=57

この写真を見て、今回のベルテレのこの写真特集に出ているものの多くが、2006年のベルファストでの展覧会に出ていたものだと気付きました。当時のエントリ:
http://nofrills.seesaa.net/article/40042412.html
今年3月にベルファストで報道写真家協会の写真展が開かれた。その告知などであちこちで使われていた写真も「紛争」を「体験」している「子供たち」をとらえたものだ。


今回のベルテレでのキャプション:
December 2002 Six year old twins Sean and Dean Fegan peer through the hole where their letterbox had been following an explosion which rocked their home early this morning in an attack claimed this afternoon by the loyalist Red Hand Defenders who had put a pipe bomb through their letterbox. The blast happened in a Catholic area of Oldpark Road in north Belfast.


写真展についてのBBC In Pictures。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_pictures/6442325.stm
タグ:写真 資料 爆弾
posted by nofrills at 09:20 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】19点目、警官に対する襲撃@1984年

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




19-200.jpg

19点目はまた時代がぐっとさかのぼって、1984年。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=58
【キャプションの概要】
1984年7月4日、手斧で警官に襲いかかろうとしてプラスチック弾を被弾した瞬間のジョン・「ショーン」・ダウンズ。警察がNORAIDの資金集め担当者を逮捕しようと地区に入ったときに発生した事態。写真撮影者: Alan Lewis

キャプションは実はもっと長くて、「警察は不法なことはしていない」という点を強調しています。実際、CAINの死者データベースを見ると、この青年はこのプラスチック弾で殺されており、同じ日にほかにもひとり殺されている。状況としては「反インターンメント(起訴なし無期限拘束)」のデモ。(ただしベルテレのキャプションとCAINのデータベースとでは日付が全然違うのが謎。「7月4日」と「8月12日」という食い違いはタイポでもありえないし。)
http://cain.ulst.ac.uk/sutton/chron/1984.html
posted by nofrills at 09:30 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】20点目、警官の葬儀

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




20-200.jpg

80年代の「襲撃から自衛した警官」の写真の次は、「IRAに殺された警官の葬儀」の写真。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=59
【キャプションの概要】
1997年6月。アントリム州リスバーンの教会からデイヴィッド・ジョンストン巡査の棺が運び出され、7歳の息子が泣いている。ジョンストン巡査は、PIRAの停戦宣言のわずか数日前ににアーマー州ラーガンで射殺されたこの地域の2人の警官のひとり。撮影者:Alan Lewis

posted by nofrills at 09:40 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】21点目、Ulster Says No@1985年(たぶん)

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




21-200.jpg

21点目はまた歴史的な写真で、正確にいつのものかベルテレのページではわからないけれども、イアン・ペイズリーの "Ulster Says No" キャンペーンのもの。1985年11月23日だと思います。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=60

Ulster Says Noについては:
http://en.wikipedia.org/wiki/Ulster_Says_No
http://cain.ulst.ac.uk/events/aia/chron.htm


posted by nofrills at 09:50 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】22点目、撮影された爆発の瞬間@年代不明

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




22-200.jpg

http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=61

いつのものかが不明です。誰もいない町で商店(文具店)が爆破される瞬間。ベルファストのロイヤル・アヴェニューでのもの(調べればいつの事件か特定できるかもしれないけどサボります)。

おそらく、IRAの予告のあった爆弾で、人々が全員退避しているので誰もいないし、カメラはいる、ということになっていたのではと思いますが。
posted by nofrills at 10:00 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】23点目、爆発の後@年代不明

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




23-200.jpg

次の写真も、爆弾のあとの模様。いつのものかはわかりません。ベルファストのドニゴール・ストリートでの爆発のあと、横たわる負傷者と助けようとしている人の写真。撮影者はFred Hoare。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=62
タグ:写真 資料 爆弾
posted by nofrills at 10:10 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】24点目、文脈不明(警察)

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




24-200.jpg

次も同じ写真家のもので、ベルファストでの「リパブリカン」と警察の対峙。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=63
で、ベルテレはrepublicansと書いているのですが、正確を期すならNationalistsだと思うんですけどね。群衆の中にトリコロールの旗が見えるからナショナリスト側だということが画像から判断できるものの、それがなければどういうコンテクストでの「暴動」なのかわからない写真です。写真家はたぶん、「Urban Clearway」の標識(市街地につき駐車禁止)に黒い笑いを覚えたことでしょう。そこにフォーカスが合ってるのが何とも。

posted by nofrills at 10:20 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】25点目、1972年1月30日、デリー(ブラッディ・サンデー)

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




25-200.jpg

25点目はまたさかのぼって1972年1月30日、これも有名な写真で、これも同じくFred Hoareによる。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=64

posted by nofrills at 10:30 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】26点目、Provisional IRAのガンマン@1997年(停戦直前)

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




26-200.jpg

1997年7月、PIRAの停戦の1ヶ月ほど前ですが、the Lower Ormeau areaで撮影されたIRAガンマン。タイトルは "The Last Gunman", 撮影者はBrendan Murphy。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=65
ガンマンよりその左側の壁がね。7月に撮影された写真で、壁には5月の集会の告知。

次もガンマンつながり。
posted by nofrills at 10:30 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】27点目、コミュニティの中のUFFガンマン@2002年

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




27-200.jpg

UFFのガンマンと地域の子供たち。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=66

UFFというのはUDAのえり抜きの実動部隊の名称ですが、セーターにワッペンがついているのが確認できます。これはいろいろと興味深いですね。

【キャプションの概要】
2002年7月のTwelfthの前日の祭りで、祝砲を撃つUFFのガンマン。子供たちが耳をふさいできゃあきゃあと声をあげている。ベルファスト、ロウアー・シャンキル・ロードにて。撮影者: Alan Lewis

キャプションの記述が「12thの祭りは伝統のもの」という方向に思いっきり傾いているのも興味深いというか何というか。

ああそうそう、2009年の4月末の段階で、いよいよ本当に近々UDAが武装解除しそうな気配になっていますので、今年の7月12日はまだこういうかもしれないけれども、来年はこういうのはなくなっているのではと思います。何となく。
posted by nofrills at 10:40 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】28点目、ホーリー・クロス小学校に対するロイヤリストの嫌がらせ@2001年

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




28-200.jpg

2001年、アルドイン地区のホーリー・クロス小学校(カトリック)へのUDAなどロイヤリストによる組織的嫌がらせの現場写真。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=67

このとき、ロイヤリストは、通学路に立って、子供たちに石やらレンガやらを投げつけていました。BBCなどでも大きく報じられていたので、検索すればいくらでも記事は出てくると思います。
posted by nofrills at 10:50 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

【写真】29点目、ロイヤリストに暴行された男性

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




29-200.jpg

アントリムでロイヤリストに暴行され、傷も生々しい(痛そう)男性と、その母親。息子40代、母親60代、というところでしょうか。年代などは不明ですが、服装から2000年以降と思われます。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=68
posted by nofrills at 11:00 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。





*参考書籍*

北アイルランド紛争についての英書

英語ではとても読みきれない(買いきれない、収納しきれない)ほどの本が出ていますが、筆者は特に下記の書籍を参照しています。
※画像にポインタを当てると簡単な解説が出ます。

031229416607475451970717135438
The IRA
Tim Pat Coogan
Loyalists
Peter Taylor
Killing Finucane
Justin O'Brien

北アイルランド紛争について、必読の日本語書籍
筆者はこのブログを書く前に、特にこれらの書籍で勉強させていただいています。

4621053159 4846000354
IRA(アイルランド共和国軍)―アイルランドのナショナリズム
アイルランド問題とは何か
鈴木 良平

北アイルランド紛争の歴史
堀越 智

IRA―アイルランドのナショナリズム(第4版増補)
鈴木良平

458836605X
暴力と和解のあいだ
尹 慧瑛
→「北アイルランド」での検索結果
→「Northern Ireland」での検索結果
* photo: a remixed version of "You are now entering Free Derry",
a CC photo by Hossam el-Hamalawy
http://flickr.com/photos/elhamalawy/2996370538/


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。