現在進行中の事件などに関しては、本家およびはてなブックマークをご参照ください。

2009年05月06日

【写真】「紛争」の前、「強硬派」の当選@1960年

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" から:
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

写真URL:
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=206
キャプション:
DESMOND BOAL IS HELD ALOFT BY JUBILANT UNIONIST SUPPORTERS AT THE BELFAST CITY HALL AS THE RESULT OF THE SHANKILL BY-ELECTION IS ANNOUNCED. 17/2/1960
「1960年2月17日。シャンキル選挙区での補選結果に喜ぶユニオニストの支持者に肩車されるデズモンド・ボール」

【URLは2009年5月5日確認。特に告知なく変更される可能性があります。またURLが変わると写真が見つけられなくなるので、「何となくこういう写真」ということがわかる程度のサムネイル画像を下記に添付します。】

206_desmondboal-150.jpg

1960年ですから「北アイルランド紛争」中の写真ではありません(「紛争」が始まる8〜9年前です)。

デズモンド・ボールはユニオニスト強硬派(「アイルランド共和国政府、および北アイルランドのカトリック系住民との関係改善」に反対)、立候補・当選のときはUUP所属でしたが、翌年に離党し、「ものすごい強硬派」のDUPの設立メンバーに入っています。当時のNI自治政府は、テレンス・オニール首相のもと、共和国との関係改善を模索していました(といってもこのときNIのユニオニスト独占政権によって共和国が「虐げられていた」わけではないし、オニールが「穏健派」だったというのはコンテクストを見る必要があることなので、この時代のことについて何か書くなどするときは、慎重に調べてからにしてください)。

いろいろあってその「関係改善路線」がつぶれたことは、「北アイルランド紛争」という文脈で非常に重要なことです。詳細はボールについてのウィキペディアの項と、そこにあるほかの人名などから:
http://en.wikipedia.org/wiki/Desmond_Boal
posted by nofrills at 00:00 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118718483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック




*参考書籍*

北アイルランド紛争についての英書

英語ではとても読みきれない(買いきれない、収納しきれない)ほどの本が出ていますが、筆者は特に下記の書籍を参照しています。
※画像にポインタを当てると簡単な解説が出ます。

031229416607475451970717135438
The IRA
Tim Pat Coogan
Loyalists
Peter Taylor
Killing Finucane
Justin O'Brien

北アイルランド紛争について、必読の日本語書籍
筆者はこのブログを書く前に、特にこれらの書籍で勉強させていただいています。

4621053159 4846000354
IRA(アイルランド共和国軍)―アイルランドのナショナリズム
アイルランド問題とは何か
鈴木 良平

北アイルランド紛争の歴史
堀越 智

IRA―アイルランドのナショナリズム(第4版増補)
鈴木良平

458836605X
暴力と和解のあいだ
尹 慧瑛
→「北アイルランド」での検索結果
→「Northern Ireland」での検索結果
* photo: a remixed version of "You are now entering Free Derry",
a CC photo by Hossam el-Hamalawy
http://flickr.com/photos/elhamalawy/2996370538/


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。