現在進行中の事件などに関しては、本家およびはてなブックマークをご参照ください。

2009年05月02日

【写真】2組目9点目、デリーIRAの幹部をしていた当時のマーティン・マクギネス

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" を見ていきます。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

このあとしばらく、本館での2番目の紹介記事で言及したものを扱います。エントリの見出しに「2組目」と書いてあるのがそうです。

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




08-martin-200.jpg

次、9点目もリパブリカンでマーティン・マクギネス。1971年、デリーのボグサイドでの記者会見。1950年生まれだから20歳か21歳。若いなぁ。このとき既にデリーIRAの幹部。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=9

この写真は下記の会見だろうと思います。
In 1971, it is thought he became the 21-year-old commander of "Free Derry" and appeared at a Provisional IRA press conference where the new leadership offered to talk peace.

Profile: Martin McGuinness
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/1303355.stm


じゃあこれは何かというと、たぶん下記(確証なし)。インターンメントに抗議する内容の会見で、マクギネスが持っているのは引っ張って行かれたデリーのナショナリスト/リパブリカン活動家(IRAメンバー)の一覧だと思われる。

http://cain.ulst.ac.uk/othelem/chron/ch71.htm
Monday 16 August 1971
Over 8,000 workers went on strike in Derry in protest at Internment. Joe Cahill, then Chief of Staff of the Provisional Irish Republican Army (IRA), held a press conference during which he claimed that only 30 IRA men had been interned.


でもなあ……ベルテレの写真でマクギネスの両側にいる人の名前がわかればもうちょっと探しようがあるのだけど……72年のショーン・マクシュトイファンの会見にもマクギネスの姿があるので、マクシュトイファンの線から検索すると……いたいた、"14th June 1972. From left to right: Martin McGuinness, David O'Connell, Sean MacStiofain and Seamus Tuomey" つまり、デイヴィッド・オコネルだ。てか誰? (^^;)

あー、Dáithí Ó Conaillか!
Despite his belief in the armed campaign, Ó Conaill was not solely a militarist. He was deeply involved in the drafting of the Éire Nua policy, working with Ruairi O Bradaigh, which was launched by Sinn Féin in June 1972. He also played a leading role in the truce negotiations between the IRA and the British government in June-July 1972.

On 13 June 1972, he appeared at an IRA press conference in Derry, along with Seán Mac Stiofáin, Seamus Twomey and Martin McGuinness, which announced an IRA cease-fire proposal, and gave William Whitelaw forty-eight hours to make a decision.


……もはや何を調べているのかわからなくなってきたので、打ち切り。ともあれ、1972年6月26日にPIRAは停戦を宣言する



posted by nofrills at 13:00 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。


この記事へのトラックバック




*参考書籍*

北アイルランド紛争についての英書

英語ではとても読みきれない(買いきれない、収納しきれない)ほどの本が出ていますが、筆者は特に下記の書籍を参照しています。
※画像にポインタを当てると簡単な解説が出ます。

031229416607475451970717135438
The IRA
Tim Pat Coogan
Loyalists
Peter Taylor
Killing Finucane
Justin O'Brien

北アイルランド紛争について、必読の日本語書籍
筆者はこのブログを書く前に、特にこれらの書籍で勉強させていただいています。

4621053159 4846000354
IRA(アイルランド共和国軍)―アイルランドのナショナリズム
アイルランド問題とは何か
鈴木 良平

北アイルランド紛争の歴史
堀越 智

IRA―アイルランドのナショナリズム(第4版増補)
鈴木良平

458836605X
暴力と和解のあいだ
尹 慧瑛
→「北アイルランド」での検索結果
→「Northern Ireland」での検索結果
* photo: a remixed version of "You are now entering Free Derry",
a CC photo by Hossam el-Hamalawy
http://flickr.com/photos/elhamalawy/2996370538/


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。