現在進行中の事件などに関しては、本家およびはてなブックマークをご参照ください。

2009年05月02日

【写真】34点目、Time for Peace

ベルファスト・テレグラフの写真特集、"A Conflict in Pictures" について、本館での最初の紹介記事から。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece

なお、以下に貼り付けるURLは既に変更になっています(写真が差し替わっています)。このため、参照すべき写真をサムネイルのサイズにし、どういう写真なのかがわかる程度にした状態で添付しますので、それを参考に上記URLから探してください。




34-200.jpg

ベルファスト・テレグラフの写真特集、初回アップロード分の最後は、Time for Peaceと書かれた壁の前でボールを投げ上げて遊ぶ男の子。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/photo-galleries/article13909724.ece?ino=73

写真集を締めくくるのにふさわしい希望に満ちた一枚なのですが、キャプション見たらお茶ふいた。写真集の締めくくりが「1994年のIRAの停戦前夜」って――確かに最も重要なのは94年の停戦なのかもしれないけれども、まだその後に一幕あったじゃん。(^^;)
http://en.wikipedia.org/wiki/Chronology_of_Provisional_IRA_Actions#1990s
31 August 1994: The IRA declared the first of two ceasefires in the 1990s.

10 February 1996: The IRA ended its 1994 ceasefire, killing two civilians in a bombing adjacent to the South Quay DLR station in London Docklands.

...

19 July 1997: The IRA declared a second ceasefire, stating "We have ordered the unequivocal restoration of the ceasefire of August 1994. All IRA units have been instructed accordingly"


なお、壁に書かれているこの "Time for peace." というフレーズは、聖書からの引用です。『伝道の書』第3章。King James Bibleから(前置詞とかが現代のと微妙に違うのですが):
http://kingjbible.com/ecclesiastes/3.htm
To every thing there is a season, and a time to every purpose under the heaven:

A time to be born, and a time to die; a time to plant, and a time to pluck up that which is planted;

A time to kill, and a time to heal; a time to break down, and a time to build up;

A time to weep, and a time to laugh; a time to mourn, and a time to dance;

A time to cast away stones, and a time to gather stones together; a time to embrace, and a time to refrain from embracing;

A time to get, and a time to lose; a time to keep, and a time to cast away;

A time to rend, and a time to sew; a time to keep silence, and a time to speak;

A time to love, and a time to hate; a time of war, and a time of peace.

なお、この詩はThe Byrdsの曲 Turn! Turn! Turn! で使われています。

そして、この一節は、2007年5月に自治政府が再起動したときに、ファースト・ミニスターになったイアン・ペイズリー(政治家である以前にファンダメンタリズムの宗教家)がスピーチを締めくくるために選んだものでもあります。



タグ:写真 資料
posted by nofrills at 11:50 | TrackBack(0) | 写真で見る北アイルランド紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。


この記事へのトラックバック




*参考書籍*

北アイルランド紛争についての英書

英語ではとても読みきれない(買いきれない、収納しきれない)ほどの本が出ていますが、筆者は特に下記の書籍を参照しています。
※画像にポインタを当てると簡単な解説が出ます。

031229416607475451970717135438
The IRA
Tim Pat Coogan
Loyalists
Peter Taylor
Killing Finucane
Justin O'Brien

北アイルランド紛争について、必読の日本語書籍
筆者はこのブログを書く前に、特にこれらの書籍で勉強させていただいています。

4621053159 4846000354
IRA(アイルランド共和国軍)―アイルランドのナショナリズム
アイルランド問題とは何か
鈴木 良平

北アイルランド紛争の歴史
堀越 智

IRA―アイルランドのナショナリズム(第4版増補)
鈴木良平

458836605X
暴力と和解のあいだ
尹 慧瑛
→「北アイルランド」での検索結果
→「Northern Ireland」での検索結果
* photo: a remixed version of "You are now entering Free Derry",
a CC photo by Hossam el-Hamalawy
http://flickr.com/photos/elhamalawy/2996370538/


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。