現在進行中の事件などに関しては、本家およびはてなブックマークをご参照ください。

2008年11月25日

【映画の紹介】『ブラディ・サンデー』(2002年)

『ブラディ・サンデー』
Bloody Sunday (2002)
Director: Paul Greengrass
http://www.imdb.com/title/tt0280491/

1972年1月30日、デリー。公民権を求めて街を行進するデモ隊に対し英軍が発砲、13人が殺された――「血の日曜日 Bloody Sunday」として知られるこの事件を、英軍の発砲を目撃していた人によって偶然発見された当時の証言録をもとに、ポール・グリーングラス監督がドキュドラマの手法で映像化。この日のデモの主催者だったアイヴァン・クーパー議員、射殺された少年、英軍兵士、英軍司令官の4つの視点から、「当日」が再現される。

証言録は、だんだんと入手困難になりつつあるようだが、中古でならわりと楽に買える。これはBloody Sundayについて真剣に知りたい人は読んだ方がいい。事件当時のインクワイアリで黙殺された、現場にいた人たちの声だ。

1903582164Eyewitness Bloody Sunday
Don Mullan
Merlin Pub 2002-09

by G-Tools

この日、死者の身元が確認されたあと、アイヴァン・クーパー議員は、記者会見で次のように述べた。そして、家族や友人や幼馴染や近所のおじさんをいきなり射殺された若者たちが、銃を手にした。これがこの映画のラストだ。そして「北アイルランド紛争」の本格的な始まりだ。
I just want to say this to the British Government... You know what you've just done, don't you? You've destroyed the civil rights movement, and you've given the IRA the biggest victory it will ever have. All over this city tonight, young men... boys will be joining the IRA, and you will reap a whirlwind.
英国政府に申し上げたいことがあります……どういうことをしたか、おわかりなんですよね。あなたがたは公民権運動の息の根を止めた。あなたがたはIRAに対し、これまでで最大の勝利を与えた。今夜この町の至る所で、若者たちが……少年たちがIRAに加わる。これから嵐になります。

http://www.imdb.com/title/tt0280491/quotes


2002年のベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した(宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』と同時受賞)にもかかわらず、日本では劇場公開がなくDVDスルーとなったこの作品、DVDはかなり売れているようで、2004年、2005年、2006年と何度もリリースされている



「ブラッディ・サンデー事件」について、英語版ウィキペディア:
http://en.wikipedia.org/wiki/Bloody_Sunday_(1972)
※末尾のExternal linksのところに資料系サイトへのリンク多数。

「ブラッディ・サンデー事件」について、日本語で読めるページ:
http://www5.ocn.ne.jp/~kanebon/bsttop.htm
※北アイルランドを訪れ、事件の遺族の人たちと話をされたかねぼんさんの丁寧な解説ページ。

「ブラッディ・サンデー事件」について、本家で書いたエントリの一覧:
http://nofrills.seesaa.net/tag/articles/Bloody%20Sunday
※画面を少しスクロールダウンしてください。「タグ一覧」が表示されている下に、記事の一覧があります。
※タグを付け忘れているエントリもあると思います。

「ブラッディ・サンデー事件」についての記事のクリップ:
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/Bloody%20Sunday/

1997年のブレア労働党政権の成立と北アイルランド和平の進展でようやく着手された本当の「真相究明のためのインクワイアリー」は、最終報告書を出すのに非常に手間取っている。当初2006年に予定されていたのが2007年に延期され、2008年に延期され、そしてこの11月5日には、「さらに1年延期」ということになったと公表されたばかりだ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Saville_Inquiry

かなりの費用を要するこのインクワイアリーの継続に対し、英メディアは非常に冷淡である。例えばこんなふうに



この映画を:
「ぽすれん」で借りる→ブラディ・サンデー
・amazon.co.jpで買う→ブラディ・サンデー
posted by nofrills at 20:00 | TrackBack(0) | 映画・音楽・小説など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※誤訳・誤記・誤変換などのご指摘やエントリの内容についてのご質問などは、
コメント投稿専用エントリのコメント欄にお寄せください。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110188062
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック




*参考書籍*

北アイルランド紛争についての英書

英語ではとても読みきれない(買いきれない、収納しきれない)ほどの本が出ていますが、筆者は特に下記の書籍を参照しています。
※画像にポインタを当てると簡単な解説が出ます。

031229416607475451970717135438
The IRA
Tim Pat Coogan
Loyalists
Peter Taylor
Killing Finucane
Justin O'Brien

北アイルランド紛争について、必読の日本語書籍
筆者はこのブログを書く前に、特にこれらの書籍で勉強させていただいています。

4621053159 4846000354
IRA(アイルランド共和国軍)―アイルランドのナショナリズム
アイルランド問題とは何か
鈴木 良平

北アイルランド紛争の歴史
堀越 智

IRA―アイルランドのナショナリズム(第4版増補)
鈴木良平

458836605X
暴力と和解のあいだ
尹 慧瑛
→「北アイルランド」での検索結果
→「Northern Ireland」での検索結果
* photo: a remixed version of "You are now entering Free Derry",
a CC photo by Hossam el-Hamalawy
http://flickr.com/photos/elhamalawy/2996370538/


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。